Raspberry Piで動画を配信してみる

Raspberry Pi に Webカメラを接続して動画を配信してみる Chick Lab」を読んで面白そうだったのでやってみました。

チンチラを動画中継してみた
チンチラを動画中継してみた

最新のOSイメージ(Raspbian “wheezy”)はUCV対応USBウェブカメラを付けることが出来る設定になっています。

Raspbianの初期設定などはこちらが詳しいです → Raspberry Pi Linux インストールと初期設定 | Act as Professional – hiroki.jp by HIROCASTER

ハードウェア

Raspberry Pi

Raspberry Pi (メインメモリ256MB)をover-clock middle にしてあります。

セルフパワーUSBハブ

Raspberry Pi にウェブカメラを直接付けると電力不足になるので、電源をつなげるUSBハブ、いわゆるセルフパワーUSBハブで中継する必要があります。いろいろありますが、小さくて安い「iBUFFALO USBハブ セルフ&バスパワー 4ポート BSH4A01RD」を使いました。

ラズベリー色のレッドがイイ

UCV対応ウェブカメラ

ウェブカメラはUCV対応のものなら何でも良いです。UCV対応はパッケージに「ドライバー必要なし」「一発認識」などと書かれています。今回は安くてオートフォーカスがついた ELECOM Webカメラ オートフォーカス UCAM-DLB200TABK を使いました。Raspberry Pi でもドライバインストールは必要なく、オートフォーカスも作動しました。

電源を入れると青いLEDが光る

ソフトウェア

追加インストールしたソフトは以下のものです。

  • apache 2
  • subversion
  • libjpeg-dev
  • imagemagick
  • mjpg-streamer

apache 2 のインストール

sudo apt-get install apache2

mjpg-streamer のインストール

sudo apt-get install subversion
sudo apt-get install libjpeg-dev
sudo apt-get install imagemagick
svn co https://mjpg-streamer.svn.sourceforge.net/svnroot/mjpg-streamer mjpg-streamer
cd mjpg-streamer/mjpg-streamer
make

 

動画配信テスト

sudo ./mjpg_streamer -i "./input_uvc.so -f 24 -r 240x180 -d /dev/video0 -y" -o "./output_http.so -w ./www -p 8080"

起動が成功すれば、以下のURLで確認できます。

http://RaspberryPi-IP:8080/stream.html

解像度は粗いが動きはなめらか

画像解像度は320×240では処理が追いつかずにカクカクしてしまったので、240×180にしました。メインメモリが多いボードならもう少し解像度を上げられるかもしれません。

 


コメントを残す