Raspberry PiにBluetooth Keyboardをつなぐ

iPhone用のBluetoothの折りたたみキーボードをRaspberry Piにつないでみました。

iphone, ipad用英語配列

利用したBluetoothドングルは PLANEX Bluetooth BT-MICRO4 、キーボードは ELECOM 折りたたみBluetoothキーボード メンブレン iPhone・iPad対応 ブラック TK-FBM032EBK です。

BT-Micro4: 起動中は青色LEDが点滅
TK-FBM032EBK: 英語配列

まずはBluetoothドングルを認識させるところから。

参考: peripherals – How can I use a bluetooth mouse and keyboard? – Raspberry Pi Beta – Stack Exchange

必要なパッケージは以下の3つ。bluemanはGUIのBluetoothマネージャーアプリです。

apt-get install bluetooth bluez-utils blueman

この後にBluetoothドングルを挿すと自動で認識して、青色LEDが点滅します。

lsusb すると ‘Cambridge Silicon Radio, Ltd. Bluetooth Dongle (HCI Mode)’ というデバイスが見えます。

lsusb

Bluetoothキーボードの電源を入れてRaspberry Piで検索してキーボードが見えていることを確認します。

hcitool scan

ペアリングは GUIツールで行いました。

‘startx’ してウィンドウシステムを起動して、LXDEメニューから Preferences>Bluetooth Manager を選択します。

searchボタンを押すとBluetoothキーボードが一覧表に出てくるので、それを選択して’setup’を実行します。random keyによるpairingで適当な数字を指定してから、それをBluetoothキーボードで入力するとペアリングが完了します。

‘trust’をしておくとブート時に自動的に接続されるようになります。

 

キー配列

Raspberry Piはデフォルトロケールがen_GB.UTF-8なので、US配列のキーボードをつなぐと記号の位置がキートップと合わないモノが出てきます(@など)。これを解消するには、ロケールとキーマップの変更が必要です。

(ただし、この辺は不慣れなので不確かです)

ELECOM TK-FBM032EBK の設定は以下のようにしました。

まず localeをen_US にします。

sudo dpkg-reconfigure locales

ここで ‘en_US.UTF-8.UTF-8’を選択(スペースキーで選択がトグル)して、defaultもこれにします。

.bashrcに以下を追加します。

export LANG=en_US.UTF-8
export LC_ALL=C

キーボードの再設定をします。

sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

ここでmodelを ‘Apple Keyboard Alminum (ASNI)’ で、 layoutを ‘English (us)’ にしました。

設定が終わったらキーボード設定を反映させます。

invoke-rc.d keyboard-setup start

これでキーボード上の@マークなどがキートップ通りに入力できるようになりました。

 


コメントを残す