Raspberry Pi + Windows 10 IoT Core 仕様検討

Windows 10 Core で WiFi 接続によりAzureへデータを常時アップロードする携帯デバイスの仕様を検討しました。結果があまり良くなかったので、他のコンピューターボードも調べました。

項目 2B Intel Edison ESP-WROOM-02
大きさ 85 x 56 x 17 mm 36 × 25 × 4 mm 18 x 20 x 3 mm
電源電圧 5 V 3.3 V 3.3 V
消費電流(概算) 800 mA (4W) 400 mA (1.3W) 280 mA (1W)
WiFi 外付け 内蔵 内蔵
USBホスト あり あり なし
値段 7,000円 8,000円 600円

 

Raspberry Pi + Windows 10 IoT Core

Windows 10 IoT Core は Raspberry Pi 2 Model B が必要。

Raspberry Piで常時WiFi接続が必要だとWiFiと合わせて 1.0-1.5A ほど消費する。この場合大きめの充電池が必要で、持ち運びや設置が懸念課題になる。(Raspberry Pi と同じくらいのサイズのリチウムイオン二次電池は 5000mAh ほど。)

2016/03 時点ではWindows 10 IoT Core には国内で合法に利用できるWiFiドングルが見つからなかった。ポータブル WiFi アダプターを別途追加して、 Ethernet ケーブル経由でネットにつなぐことになる。

Windows 10 IoT Core は公開されて半年ほどしか経っていないので、開発情報が比較的少ない。

Intel Edison

消費電力がRaspberry Piの約1/2以下。

WiFi内蔵。

処理能力が高く、USBウェブカムも利用可能。

値段はRaspberry Piと同程度。

公開されて1年半以上経っているので、開発情報が比較的多い。

ESP-WROOM-02

消費電力がRaspberry Piの約1/4以下。

WiFi内蔵。

処理能力は低いが、Azure IoT Hubへセンサー値を送ることは可能。しかし、USBウェブカムは利用できない。

値段が安く、1/10ほど。

内蔵チップ ESP8266 は公開されて1年半以上経っているので、開発情報が比較的多い。


コメントを残す